鍼灸師になりたい場合は基本的な知識や人気の理由などを事前に調べておくとよい

初心者が知っておきたい事は

鍼灸

鍼灸師は人気がありますが、マッサージ師と異なりすぐになれるわけではありません。一般的にマッサージと呼ばれるものは、特に無資格でも行う事は可能です。しかし鍼灸師となると、国家資格を取得しなければならないことを知っておきましょう。国家資格とは、鍼灸師に関する資格ですぐに取得できるものではありません。難易度はそれほど高くないものの、取得するまでに3年ほどの時間がかかります。しかも、専門学校や大学などに通わなければならないといった注意点があります。つまり、容易に取得できるものではなく、じっくりと腰を据えて本格的に勉強していくことが必要です。少なくともそれだけの覚悟があれば、資格を取得することは決して難しくありません。3年間通い続けると、お金も3,000,000円以上かかることになります。もし今まで会社員などをしていた場合には、十分にお金を貯めた後に通学すると良いでしょう。

難易度が高いため数が少ない

鍼灸師になる場合には、それなりのハードルがありますが、ハードルがそれなりに高いためそこまで多くの人が鍼灸師になれるわけではありません。そのため、施術所をオープンしてしまえば、ある程度安定してお客さんが出入りする可能性があります。そのような理由で人気はありますが、やはりそうは言っても腕前が良いことや評判が良い事は必要最低限の条件になるでしょう。腕前や評判自体は、自分で作り出していくものです。もし、腕前や評判を上げたい場合には、鍼灸師としての技術を磨くと同時に、顧客心理などを学んでおくことが必要です。顧客心理に関しては、1度学んでしまえばそれほど難しいものではありません。つまり、鍼灸師としての腕前と同じように、いちど学んでしまえば一生使えるものになります。ただ、学ぶまでには様々な取り組みが必要です。本などを読んで学んだりあるいはセミナーなどに入れて学んだりしても、実践してみないことには使い物にならないケースが多いです。まずは積極的にインプットを行い、アウトプットを十分に行っていくことが大事です。施術所をスタートする場合には、そこまで大きなテナントが必要なわけではありません。あまりお金をかけたくない場合は、ワンルームマンション程度の大きさのテナントを借りれば充分です。人によっては、そのままワンルームマンションを施術所にしているケースもあります。最初は小さなところから出発し、少しずつ規模を拡大していくのも楽しみと言えるでしょう。

広告募集中