鍼灸師は専門の教育機関に最低でも3年間は通わなければなれない職業

HOME>アーカイブ>教育機関で専門のカリキュラムを終わらせること

資格がなければなれない仕事

鍼灸院

整体師やカイロプラクティックは、施術をするためには技術は必要でも資格は必要ありません。そのため、鍼灸師もそれらの仲間だと思い込んで、資格がなくてもできると考えている方もいるでしょう。しかし、鍼灸師は資格がなければやってはいけない仕事なので、誰から教わって技術力があったとしても行うことはできません。肌に鍼を刺しますし、熱を使った灸を利用するので、教育機関にて適切な指導を受けなければいけないのです。基本的には教育機関に3年間通って、鍼灸師のためのカリキュラムをこなすことが最低条件です。それでやっと国家試験を受験する資格を得られるので、まずは短大や専門学校など対応するところを探して入学をしましょう。

3年間ずっと働きながら通うのは難しい

鍼灸師の専門学校の中には、夜間学部を設置していて仕事を辞めずに通えるようになっているところがありますが、卒業まで働きながら利用するのは難しいと考えたほうがよいです。1年度や2年度は仕事をしながら通えるかもしれませんが、どんどんと忙しくなるので、3年になる頃には厳しくなっていくでしょう。そのため、資金面で働きながら通うことを考えていても、1年くらいは働かずにやっていけるほどの貯金をしておいたほうが安心でしょう。

国家試験は難しい

鍼灸師になれる教育機関を卒業するのは簡単ではないので、かなりの努力をすることになるでしょう。しかし、頑張って卒業したからといって、鍼灸師になれるわけではありません。堂々と名乗るためには、1年に1度だけ行われる鍼灸師の国家試験に合格しなければいけないのです。受けた方のほとんどが合格するような試験ではなく、落ちてしまう方も少なくはないので、将来のことを考えるなら1回目で合格できるように在学中は一生懸命勉強しましょう。

広告募集中